映像制作のトレンド

目次
  1. はじめに
  2. 1.自虐的なユーモアを使う
  3. 2.リアルであること
  4. 3.アニメーションのキャラクターを取り入れる
  5. 4.本物の動物を役者として使う
  6. 5.空撮映像の活用
  7. 6.実写の実装
リンクコピペしました!
90 Seconds
7年前・4分読み

映像制作のトレンドは、消費者の需要や反応に応じて変化します。企業映像からブランドCMまで、現在の映像制作のトレンドは以下のようなものが話題になっています。

1.自虐的なユーモアを使う

Dollar Shave Clubの創業者Mike Dubinが出演しているコマーシャル/ビデオは、彼や彼の会社を洗練されたエグゼクティブなイメージで描いてはいません。

その代わり、彼は視聴者に楽しくユーモラスな社内ツアーを案内する普通の男として描かれている。

2.リアルであること

旅行サイト「トリバゴ」の広報担当者がヒゲを剃っていないことに、きっとお気づきだろう。

シャツはシワシワ。ネクタイがない。そして、基本的に起きたばかりのような顔をしている。

実際、インターネット全体が彼に注目しており、企業のオーナーはこの宣伝にとてもとても満足するほど、彼に関するおしゃべりが絶えないのです。

3.アニメーションのキャラクターを取り入れる

チャーミンは、もっぱらクマのアニメーションを広告に使っている。また、過活動膀胱の処方薬で人気のある会社は、本物の人間とともにアニメーションの膀胱のキャラクターを使っている。

4.本物の動物を役者として使う

スバルのコマーシャルで走り回る愛らしいゴールデンレトリバー一家の犬を見たことがない人はいないだろう。 一言もしゃべらないし、しゃべる必要もない。

印象に残る、効果的なCMです。バリエーションはたくさんあります。しかし、そのどれもがスバルを前面に押し出している。

5.空撮映像の活用

ドローンの登場により、さまざまな業界で、目的に応じた美しい空撮映像の作成機能が活用されています。そのような業界の1つは不動産で、エージェントが売り出し中の住宅を、周辺地域の物件のロケーションを強調するスイープなビデオ撮影によって紹介します。

6.実写の実装

マウント型ビデオカメラの登場により、クリエイティブなプロデューサーは、実写のような美しい映像で企業やコマーシャルビデオを制作できるようになりました。ダウンヒルスキーから水中探検まで、アマチュアからプロフェッショナルまで、あらゆるものがトレンドになっています。

新しいテクノロジーがクリエイティブなビデオグラファーの手に渡ると、このようなトレンドがあらゆる産業で生まれる可能性があります。このような現在の映像制作のトレンドは、今後さらにエキサイティングなトレンドの基礎となるに違いないのです。