グローバルな映像制作を持続的に管理する方法

目次
  1. はじめに
  2. グローバルな映像制作は持続可能
  3. グローバル・ビデオ制作の課題
  4. 映像制作における持続可能なソリューション
  5. 持続可能なビデオ制作のメリット
  6. ケーススタディ90 Seconds 、持続可能なビデオ制作をどのようにサポートするか
  7. 持続可能なビデオ制作を
リンクコピペしました!
Jonathan Yohanes
1 month ago・7 min read

グローバルな映像制作は持続可能

急速に進化を遂げる今日のビジネスシーンにおいて、企業は持続可能性を経営の基本方針とする傾向を強めている。世界が環境に配慮した慣行へのパラダイムシフトを目の当たりにする中、ビデオ制作を含むビジネスのあらゆる側面において、持続可能なソリューションへの要求はかつてないほど高まっています。

ビデオ制作のアウトソーシングは、費用対効果の高いソリューションを求める大企業にとって、長い間好まれてきた戦略である。しかし、従来の方法では、出張や二酸化炭素排出など、環境面で大きなコストがかかることが少なくありませんでした。サステナビリティ・ムーブメントの高まりとともに、企業は今、アウトソーシングの慣行と、環境に優しい業務に対する社会的な期待との調和という課題に直面している。

この記事では、グローバルな映像制作を持続可能な形で管理することによる変革の可能性について掘り下げる。企業が二酸化炭素排出量を削減し、地域経済を支援し、環境責任に対する社会の期待に応える方法を探る。具体的には、以下のような革新的なプラットフォームが、映像制作の現場にどのような革命をもたらしているかを検証する。 90 Secondsのような革新的なプラットフォームが、映像制作のアウトソーシングにどのような革命をもたらし、企業が業務効率と費用対効果を維持しながら、環境目標に沿った持続可能な選択肢を提供しているかを検証します。グローバルな映像制作における持続可能なソリューションに向けた旅に、ぜひご参加ください。

グローバル・ビデオ制作の課題

グローバル規模で映像制作をアウトソーシングすることは、高品質なコンテンツを効率的に制作しようとする大企業にとって、長らく一般的な手法であった。しかし、この伝統的な手法には、特に持続可能性の面で、それなりの課題がつきまといます。

従来、グローバルな映像制作には、撮影のために世界中を飛び回る大規模な移動が必要だった。これでは多大なコストがかかるだけでなく、二酸化炭素排出量も多くなり、環境悪化につながる。

飛行機での移動に伴う二酸化炭素の排出や、複数の場所での撮影を調整する物流上の課題により、従来の映像制作手法の環境持続可能性についての懸念が高まっている。

環境に優しいビジネス慣行に対する社会の期待が高まり続ける中、企業はビデオ制作のニーズに対して持続可能な代替案を見つける必要に迫られています。そのため、従来のモデルから、より環境に配慮したアプローチへの転換が必要となっています。

映像制作における持続可能なソリューション

ビデオ制作における従来のアウトソーシングがもたらす課題に対応するため、持続可能なソリューションに対する需要が高まっています。企業は、制作のニーズを満たすだけでなく、環境目標に沿った代替案を求めています。

そのようなソリューションの一つとして、以下のようなプラットフォームの利用が注目を集めている。 90 Seconds.これらのプラットフォームは、品質や効率に妥協することなく、持続可能性を優先した映像制作への革新的なアプローチを提供している。テクノロジーを活用することで、企業はshoot 、現地にいるクリエイターやリソースのグローバル・ネットワークを利用できるようになり、大規模な出張の必要がなくなる。

のようなプラットフォームにビデオ制作を委託することで、企業は二酸化炭素排出量を大幅に削減することができる。 90 Secondsにアウトソーシングすることで、企業は二酸化炭素排出量を大幅に削減することができます。移動に伴う排出や複雑な物流を最小限に抑えることで、これらのプラットフォームはより環境に優しいコンテンツ制作のアプローチを提供します。

さらに、持続可能な映像制作の実践は、経済的なメリットももたらします。地元のクリエイターや経済を支援することで、企業は地域社会の発展に貢献できる一方、移動や物流に伴うコストを削減することができる。

持続可能なビデオ制作のメリット

持続可能なビデオ制作方法は、大規模な移動の必要性を最小限に抑えることで、環境保護に貢献しています。このような移動に関連する排出量の削減は、会社全体の環境への影響を軽減し、環境に配慮した慣行を目指す世界的な動きと一致します。

さらに、90 Seconds のような持続可能なプラットフォームを通じて映像制作をアウトソーシングすることは、地域レベルでの経済成長を促進する。世界中のクリエイターの多様なネットワークを活用することで、企業は地域の才能と経済を支援し、雇用機会と地域社会の発展を促進することができる。

さらに、持続可能なビデオ制作の実践は、しばしば企業のコスト削減につながる。大がかりな出張やロジスティクスの調整が不要になることで、企業は制作プロセスを合理化し、リソースをより効率的に割り当てることができる。これにより、運営経費が削減されるだけでなく、企業の収益も向上する。

ケーススタディ90 Seconds 、持続可能なビデオ制作をどのようにサポートするか

のようなプラットフォームが、環境に優しいソリューションを促進しています。 90 Secondsのようなプラットフォームは、環境に優しいソリューションを促進する先導役となっています。

アジア太平洋地域、日本、グレーターチャイナで事業を展開するシスコは、プロモーションビデオ制作プロセスの強化を模索していた。90 Seconds とコラボレーションすることで、現場でのプロジェクト管理よりもコンテンツ制作を優先するというアプローチに転換しました。この転換は、パートナーにとっても顧客にとっても、よりスムーズな体験につながった。90 Seconds を利用することで、ストーリーボード・ライターからビデオグラファーまで、才能あるクリエイターの多様なプールにアクセスでき、プロジェクトを効率的に実行できるようになった。特筆すべきは、90 Seconds とのパートナーシップにより、卓越した品質が確保されただけでなく、ストーリーテリング技術の継続的な改善も促進されたことである。 

90 Seconds との別のコラボレーションの例では、EYはビデオ制作に革命を起こし、24日を超えるグローバルな制作日を利用し、12ヶ月以内に11都市で13の別々の制作を完了した。窓口を一本化することで、業務を効率化し、アセットへのアクセスを容易にし、一貫性を確保した。現地の才能を活用することで、移動の排出量を削減するだけでなく、多様な市場に合わせた本物の映像を撮影することができた。この90 Seconds とのパートナーシップは、現代のビジネス需要に応えるためのコラボレーションとテクノロジーの効率性を浮き彫りにしている。

これらのケーススタディは、90 Seconds のようなプラットフォームが可能にする持続可能な映像制作の有効性を強調しています。持続可能なアウトソーシング手法を取り入れることで、企業は環境への影響を最小限に抑え、効率を最大化しながら、制作目標を達成することができる。

持続可能なビデオ制作を

のようなプラットフォームを通じて、持続可能なビデオ制作のアウトソーシング慣行を採用することは、企業に戦略的優位性をもたらします。 90 Secondsは、企業に戦略的優位性をもたらします。二酸化炭素排出量を削減し、地域経済を支援し、業務効率を向上させることで、企業は環境目標に沿いながらビデオ制作のニーズを満たすことができます。持続可能なビデオ制作を取り入れることは、単なる責任ではなく、急速に進化するビジネス環境における成功への道筋でもあるのです。

刻々と変化する市場の需要に対応するために、持続可能なビデオ制作の変革の可能性をご検討ください。パートナーとして 90 Secondsをパートナーにすることで、制作要件を満たすだけでなく、より環境に優しく持続可能な未来に貢献することができます。持続可能な一歩ずつ、ビデオ制作の再定義を共に進めていきましょう。