テキストアニメーターになるには?

執筆者 90 Seconds
最終更新日2023年10月4日
テキストアニメーターになるには?

グラフィックデザインが好きで、テキストをクリエイティブに操ることに特別な魅力を感じている人なら、フリーのテキストアニメーターに向いているかもしれない。

ビデオアフターエフェクトチームの一員として、テキストアニメーターは、1つのビデオセグメントから別のビデオセグメントへのトランジションを容易にし、視聴者がメッセージを注意深く見守るよう強制する、動きのある興味深いテキストで重要な情報を強調します。

フリーランサーは、テレビコマーシャル、ミュージックビデオ、ドキュメンタリーなどで、これらのエフェクトを作成することができます。

経験を積む

テキストアニメーターは、仕事と長期的なクライアントを確保するために、自分の才能の最良の例を表示することができなければなりません。ショーリールのセレクションを含むウェブサイトを作成することは、この目標を達成するための最良の方法です。

ミュージック・ビデオやコマーシャル・クリップなど、まだテキスト・アニメーションが含まれていないビデオをベースとして選んでくださいまた、テキストアニメーションのアフターエフェクトを追加するための独自のビデオを作成することもできます。

アニメートするテキストメッセージを書き出し(またはタイプし)、手元のビデオと同期する正確なポイントをメモします。希望する効果を得るために、テキストが動く正確な間隔を記録する必要があります。

アニメーション・テキストをビデオ・ベースに埋め込むには、最も適切なソフトウェア・プログラムを使用してください。動きのパターン、フォント、色、サイズなどを選択する際は、ウェブサイトがあなたの最高の作品だけを際立たせるように、細心の注意を払ってください。

自分の強みを生かす

フリーランスのテキストアニメーターは、多くのスキルを持ち、以下のような特殊な特徴を備えていなければならない:

各クライアントが求める特定の効果を生み出すために、さまざまな種類のソフトウェア・アニメーション・プログラムに精通していること。

3Dモデリングプログラムやベクターベースのグラフィックプログラムでは、事実上無制限の特殊効果やパターンを作成することができ、あらゆるタイプのクライアントのニーズに応えるために、あなたの才能と創造性を発揮することができます。

締め切りを守りディレクターのニーズを解釈する能力。フリーランスのテキストアニメーターは、映像制作全体をスケジュール通りに進めるために、納期を守る必要があります。

また、映像ディレクターの口頭や文書による要望を、適切なテキストアニメーションに変換し、ディレクターの意図する効果を生み出すことも求められます。

開発を続ける

テキストアニメーターとしてのスキルを磨くには、練習と実験を繰り返し、どのタイプのアニメーションが最高の効果を生み出すかを見極める必要がある。

国内トップクラスのグラフィック・デザイン学校のような高等教育機関に通うことを選ぶ人もいれば、ソフトウェアのチュートリアルやウェブサイト、フォーラム、ブログなどから独学で学ぶことを好む人もいる。

Animation Mentor、ANIMSchool、The Virtual Instructorはすべて、オンラインでアニメーションを学ぶことができる。これらのサイトはキャラクターアニメーションに焦点を当てているが、テキストアニメーションでもキャリアを促進するために多くのことを学ぶことができる。

多様化

テキストアニメーターとしてフリーランスの仕事を得るのは難しいことです。グラフィックデザインの他の分野にもスキルセットを広げることで、興味深い仕事をコンスタントに獲得できる可能性がはるかに高くなります。

カートゥーン・アニメーション、キャラクター・アニメーション、モーション・グラフィックスは、すべてグラフィック・ソフトウェアを使用する必要があります。これらのスキルを履歴書に加えることで、将来のクライアントにとって魅力的な人材となり、さらに仕事が増える可能性が高くなります。

この分野でより多くのクライアントを獲得するために、あなたの最高のテキストアニメーションの仕事の素晴らしい例であなたのウェブサイトを強化し続けなさい。